イベント

2019年11月1日(金)~15日(金)
公開期間中は、特別開園期間として月曜日も休まず開園します。

新宿御苑 菊花壇展

~11月15日(金)の期間、新宿御苑にて「菊花壇展」が開催中です。

今年は新たな取組として、11月8日(金)~13日(水)の間、菊花壇のライトアップも開催!

さらに同月9日(土)及び10日(日)にはライトアップの実施に合わせて、プロの尺八奏者による演奏会が予定されています。

趣あふれる日本の伝統美の世界をぜひご鑑賞ください。 

新宿御苑の菊花壇~皇室ゆかりの伝統を受け継ぐ~

日本に園芸品種の菊が渡来したのは、奈良時代末から平安時代はじめといわれています。

その後、室町、江戸時代と発達をとげ、明治元年(1868)に菊が皇室の紋章に定められました。

   

明治11年(1878)、宮内省は皇室を中心として菊を鑑賞する初めての『菊花拝観』を赤坂の仮皇居で催しました。

展示用の菊は、当初は赤坂離宮内で栽培されていましたが、明治37年(1904)より新宿御苑でも菊の栽培が始まりました。

そして昭和4年(1929)からは、観菊会も御苑で行われるようになりました。

  

大正から昭和にかけては、観菊会の展示の規模、技術、デザインなどがもっとも充実した時期で、これらによって新宿御苑はパレスガーデンとして、広く海外に知られるようになりました。

菊花壇展

日本庭園に上家(うわや)という建物を設け、特色あふれる菊の花々を、独自の様式を基調に飾り付けています。

日本庭園を道順に沿って回遊すると、庭園と調和するように設置された7つの上家花壇と2つの露地花壇を、最も美しく鑑賞することができます。

江戸菊

大菊


公開日

11月1日(金)~11月15日(金)

開催期間中は、特別開園期間として月曜日も休まず開園します。 

公開時間

9:00~16:00

入園料

場所

新宿御苑 日本庭園

〒160-0014 東京都新宿区内藤町11

お問合せ

新宿御苑サービスセンター
TEL 03-3350-0151

詳しくはこちら→公式サイト

関連イベント

【菊花壇解説展】

菊花壇展開催期間中、インフォメーションセンターにおいて、新宿御苑菊花壇展の魅力をわかりやすく紹介する「菊花壇解説展」を行います。

会場:インフォメーションセンター 1階アートギャラリー

入場料:無料(インフォメーションセンターは新宿門入場ゲートの外側にあります。)

【菊花壇ライトアップ】
7つの上家花壇のライトアップに加え、菊花壇展の舞台となる日本庭園全体のライティングを行います。
皇室ゆかりの伝統を受け継ぐ菊花壇を優しい光でライトアップした幻想的な景色を是非御鑑賞下さい。

日時:11月8日(金)~11月13日(水) 17:30~19:30(入園は19:00まで)

会場:新宿御苑内 日本庭園全体(7つの上家花壇含む)

   ※一旦閉園した後にライトアップのため新宿門を再開門。

入園料:一般―500円、65歳以上及び学生―250円 小・中学生―無料

   ※当日発行の入園券の提示により再入園可能。

その他

・入園門、退園門は新宿門のみとなります。

・ライトアップ実施区域(新宿門~日本庭園エリア)以外に立ち入ることはできません。

※ライトアップのエリアはこちら


【工藤煉山氏による尺八演奏会】

ライトアップ期間中である9日(土)及び10日(日)にはプロの尺八奏者である工藤煉山氏による演奏会を予定しています。

日時:11月9日(土)、10日(日) 18:00~19:00

会場:新宿御苑内日本庭園 上の池周辺

   ※雨天の場合は旧御凉亭(台湾閣)で実施予定。

その他:工藤煉山氏のプロフィールについてはこちら

 

【関連ページ】

新宿御苑

新宿御苑(台湾閣)

新宿御苑 楽羽亭

新宿御苑の桜

玉川上水・内藤新宿分水散歩道(新宿御苑)

新宿御苑 玉藻池

新宿御苑 旧洋館御休所

前のページに戻る
一般社団法人新宿観光振興協会
© Shinjuku Convention & Visitors Bureau

PageTop