イベント

2019年6月28日(金)
<開場>18:15 <開演>19:00

未来につなぐ能楽ことはじめ

6月28日(金)に神楽坂 矢来能楽堂にて「未来につなぐ能楽ことはじめ~巻二 百萬 -世阿弥に問う母の悲しみ-」が開催されます。

 

 
神楽坂で初めての能楽体験

愛する者との別れは辛いものです。

私たちは別離とどう向き合ったら良いのでしょうか?

蓮如は娘を亡くした親の悲しみを「白骨の御文」にしたため、この世の無常を説きました。

蓮如より少し前、世阿弥が完成した「百萬」では愛する子供と生き別れた母親が登場します。

世阿弥の作品のテーマの一つである「救済」を、演ずる者はどうとらえ、表現していくのでしょう。

観世善正が解説します。

 

詳細はこちら→ホームページ

 

 

-プログラム-

  

◆能楽ワークショップ

      お話:観世喜正

     ・能「百萬」について

     ・能面・能装束の着付け実演

     ・謡のひと時

      会場のみなさまと謡を連吟します。

◆観世流 能「百萬」

 シテ(百萬)   観世喜正
 子方(百萬の子) 観世和歌
 ワキ(旅人)   御厨誠吾
 アイ(門前の者) 山本則孝
 後見 観世喜之、鵜澤 光
 地謡 山崎正道、馬野正基、佐久間二郎、安藤貴康
 笛  杉信太郎
 小鼓 大山容子
 大鼓 佃良太郎
 太鼓 梶谷英樹

 

能「百萬」とは

能の大成者である観阿弥・世阿弥父子が活躍する十四世紀の後半。

その頃「曲舞(くせまい)」と言われる芸能が持て囃され、「女曲舞舞い」即ち、女性の曲舞の名手として実在したのが「百万(萬)」という名の女性でした。本曲は嵯峨の釈迦堂の大念仏の群衆の中で、その百萬が、生き別れとなっていた我が子に再会するという、母子再会の物語です。

 

能「百萬」

作者:観阿弥原作・世阿弥改編

所:京都嵯峨清凉寺

季節:春
  

公演日程

2019年6月28日(金) 19:00~21:00

※開場 18:15

料金

全席指定

会員4,000円 / 一般5,000円 / 学生2,000円(中正面指定席)

※会員登録 入会金・年会費無料 (会員登録はwebからできますhttp://japonisme.or.jp/member/)

 

【チケット申し込み方法】

・公式サイトの予約フォームでのご予約 http://japonisme.or.jp/event/180619/
・FAXでのご予約 075-525-2095
・メールでのご予約 info@japonisme.or.jp
・フリーダイヤル 0800-222-1284 (9:00~17:00)

※申し込みの際は、お名前(ふりがな)、ご住所・電話番号・メールアドレス・申込区分(会員、一般、学生)・必要枚数、会員登録の有無を明記の上送信してください。尚、席数は残り僅かとなっております。

*6月18日(火) までにお申し込みください。以降は電話にて承ります。

*未就学児童の御入場はご遠慮下さい。

場所

神楽坂 矢来能楽堂
〒162-0805 東京都新宿区矢来町60

<アクセス>
東京メトロ東西線「神楽坂」駅 
2番出口(矢来口)より徒歩2分
都営地下鉄大江戸線「牛込神楽坂」駅A1出口より徒歩5分

主催

一般財団法人 本願寺文化興隆財団/ジャポニスム振興会 

協力・後援

公益財団法人 観世九皐会

後援

一般財団法人 次世代芸術文化都市研究機構 
 

 
 
前のページに戻る
一般社団法人新宿観光振興協会
© Shinjuku Convention & Visitors Bureau

PageTop