イベント

2018年8月8日(水)~10日(金)
※要事前申込

演じるってなんだろう?

早稲田大学演劇博物館では、夏休みのこども向けワークショップ「エンパク★こども演劇教室2018 演じるってなんだろう?」を開催します。

開催日:8月8日(水)~10日(金)の3日間 ※要事前申込、参加無料

 

エンパク★こども演劇教室2018 演じるってなんだろう?

こどもたちの夏休みのイベントとして、「エンパク★こども演劇教室2018 演じるってなんだろう?」と題し、自ら考えて創り上げていくスタイルの演劇ワークショップです。

対象は、こどもから⼤⼈へと成⻑していく、⼩学校⾼学年から中学校3年⽣までの10代のこどもたち。講師は、劇作家・演出家であり、演劇ワークショップでは著名な平田オリザ氏です。最終日には、早稲田小劇場どらま館の舞台にて、3⽇間の成果を上演する発表会を⾏います。

楽しいゲームやグループワークの中には「演じる」のエッセンスがたっぷり。演じる経験を通して、こどもたちが今まで知らなかった⾃分を発⾒し、新しい可能性を⾒つけられる機会となることでしょう!

※写真は昨年開催時より、最終日の発表の様子

→ワークショップについての詳細はこちら

日時

8月8日(水)~10⽇(⾦)の3日間 各日10:00~17:00(終了予定)

会場

早稲田大学構内、早稲田小劇場どらま館

ワークショップ概要

お申し込み方法

 

主催:早稲田大学演劇博物館、新宿から発信する「国際演劇都市TOKYO」プロジェクト実行委員会
助成:平成30年度 文化庁 地域と共働した美術館・歴史博物館創造活動支援事業

 

【関連ページ】

前のページに戻る
一般社団法人新宿観光振興協会
© Shinjuku Convention & Visitors Bureau

PageTop