イベント

2017年7月8日(土)~9月3日(日)

荒木経惟 写狂老人A

東京オペラシティ アートギャラリーにて展覧会「荒木経惟 写狂老人A」が開催中です。
今年77歳を迎え、一層活発な活動を続ける荒木が本展に向けて制作した最新作を中心に、荒木の制作の原点とも言える1960年代のスクラップなどもまじえながら、その多様な活動を総数1000点を越える壮大なスケールで紹介します。

《写狂老人 A 日誌 2017.7.7

2017年

写真家 荒木経惟 「荒木経惟 写狂老人A」

  

1960年代から今日まで第一線で活動を続け、日本を代表する写真家の一人として世界的に高い評価を得ている荒木経惟。

近年、自らの「死」に直面するような数々の体験を経て、「生」を見つめる眼差しは鋭さと深みを増し長年の重要なテーマである「生と死」がより鮮明に表現されています。

荒木経惟の「現在」をいきいきと伝え、その広大かつ多様な活動の核心に迫ります。

詳細はこちら→公式サイト

 

開館時間

2017年7月8日(土)~ 9月3日(日)

11:00 ~19:00(金・土は11:00~20:00/いずれも最終入場は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(祝日の場合、翌火曜日)、8月6日(日・全館休館日)

会場

東京オペラシティ アートギャラリー

<アクセス>

入場料

*同時開催「収蔵品展059 静かなひとびと」、 「project N 68 森 洋史」の入場料を含みます。

*収蔵品展入場券200円(割引は無し)もあり。

*( )内は15名以上の団体料金

*障害者手帳をお持ちの方および付添1名は無料。

*Arts友の会会員は無料。(会員証をご呈示ください)

*割引の併用および払い戻しはできません。

お問合せ

TEL 03-5777-8600(ハローダイヤル)

詳細はこちら→公式サイト

 

【関連ページ】

前のページに戻る
一般社団法人新宿観光振興協会
© Shinjuku Convention & Visitors Bureau

PageTop