イベント

2018年6月30日(土)~8月26日(日)
9:00~17:30 (入館は17:00まで)
休館日:7月9日(月)・23日(月)、8月13日(月)

幻想の新宿

6月30日(土)から8月26日(日)まで新宿歴史博物館にて「幻想の新宿」が開催されます。

幻想の新宿に おいで、おいで...

新宿区に伝わる数々の伝説の中で最も有名なものが、左門町に暮らした「お岩様」にまつわるものです。江戸時代に四世鶴屋南北が戯曲「東海道四谷怪談」の着想源として大評判を博したことで、伝説は広く浸透しました。

幕末から明治にかけて活躍した絵師・月岡芳年は、幻想や怪異を主題とした作品を多く手がけ、その墓は新宿区にあります。本展では晩年に手がけたシリーズ「新形三十六怪撰」を、前期・後期に分け三十六点全て展示します。

淡い色彩で静謐に幻想を描く本シリーズの中でも、四谷怪談を主題にした一枚は、伊右衛門の帰宅を待つお岩様の嫉妬心を高度な表現で描いた傑作です。

本展では四谷怪談を中心に怪談・奇譚を主題とした錦絵を展示するとともに、芳年と親交があり怪談噺の名人として知られた三遊亭円朝、そして小泉八雲や泉鏡花といった新宿ゆかりの文学者たちの資料を展示し、新宿という土地に刻まれた幻想を掘り起こします。

※「新形三十六怪撰」については、個人の方から借用し特別に展示します。

詳しくはこちら→公式サイト

子どもといっしょに楽しめる展示やイベントも盛りだくさん

展示「キッズも幻想の世界へ!」

●ほんとうにいた!?人魚のミイラ

●道具が妖怪に!?付喪神ってなーに?

 

イベント「妖怪になって帰ろう!お面づくりコーナー」

妖怪のぬり絵でお面づくりが楽しめます。

【日時】会期中の開館時間内

【会場】新宿歴史博物館 地下1階 ホワイエ

【定員】1日につき先着20名

【料金】無料

【申込】不要。直接会場へ。

関連イベント

関連講演会「月岡芳年ー幕末・明治の妖怪絵師」 要申込

【日時】7月7日(土)午後2時~4時

【講師】日野原健司 (太田記念美術館主席学芸員)

【会場】新宿歴史博物館 2階講堂

【定員】90名(多数抽選)

【料金】500円

【申込締切】6月22日(金)必着

 

映画「東海道四谷怪談」上映会 要申込

数ある四谷怪談映画の中でも傑作との呼び声が高い、中川信夫監督による「東海道四谷怪談」(1959年、76分、主演:天知茂、制作:新東宝、カラー映画)を上映します(DVDによる上映)。

【日時】7月16日(月・祝)午後2時~3時30分

【会場】新宿歴史博物館 2階講堂

【定員】100名(多数抽選)

【料金】無料

【申込締切】7月2日(月)必着

 

講談で楽しむ「四谷怪談」要申込

第一線で活躍中の講談師による講談会です。

【日時】8月5日(日)午後5時30分~7時30分

【出演】田辺銀冶 神田あおい 宝井一凛 宝井梅湯 ※前座あり

【会場】新宿歴史博物館 2階講堂

【定員】100名(多数抽選)

【料金】1000円

【申込締切】7月20日(金)必着

 

ギャラリートーク

担当学芸員による見どころ解説。

【日時】会期中の毎週土曜日 午後1時~(約30分)

【集合】新宿歴史博物館 地下1階 企画展示室前

【料金】無料

【申込】不要。直接会場へ。

 

<イベントの申込方法>

往復はがき または 当館ウェブサイトから

*イベント名・住所・氏名・電話番号・年齢・性別、友の会会員はその旨を明記。

*講演会、映画上映会は1通で1名のみ申込み可。

*講談は1通で2名まで申込み可(同伴者の氏名・年齢を明記)。

[申込開始] 6月5日(火)から

 開催日時

平成30年6月30日(土)~8月26日(日)

9:30~17:30(入館は17:00まで)

休館日:7月9日(月)・23日(月)、8月13日(月)

※会期中一部展示替えあり/前期:6月30日(土)~7月22日(日)/後期:7月24日(火)~8月26日(日)

会場

新宿歴史博物館 地下1階企画展示室

 

<アクセス>

観覧料

無料

主催

公益財団法人 新宿未来創造財団

お問合せ

公益財団法人 新宿未来創造財団 新宿区立新宿歴史博物館

〒160-0008 東京都新宿区三栄町22
TEL 03-3359-2131

 

【関連ページ】

前のページに戻る
一般社団法人新宿観光振興協会
© Shinjuku Convention & Visitors Bureau

PageTop