新宿の魅力

知って美味しいこだわりスイーツ

グルメな街「新宿」は、スイーツも絶品ぞろい!!
洋菓子から和菓子、アジア系までさまざまなスイーツを楽しめます。
今回は、それぞれのエリアのこだわりスイーツをご紹介します。

 

新宿駅周辺エリア

タカノフルーツパーラー 

味も見た目も楽しめるパフェに

その時期に一番おいしい旬の果物に、シャーベットとバニラアイスクリーム。底にはコアントローゼリーとリンゴを敷き詰め、果物が最もおいしく見えるカッティングに盛り付けられたパフェは、フルーツを盛るのにふさわしい角度と深さのオリジナルグラスが使われている。中でもマスクメロンのおいしさは格別。ジューシーな甘さをお楽しみください。

 

 

 写真:フルーツパフェ 1,404円

 

<店舗情報>

住所:新宿区新宿3-26-11 新宿高野本店ビル5F
TEL:03-5368-5147
営業時間:11:00~21:00
定休日:不定休

新宿駅周辺エリア

騒豆花             

本場の味をとことん追求

豆乳で作る台湾のスイーツ、豆花。豆乳は、毎朝8Kgの大豆から作られ、絞る機械も台湾から輸入されたもの。パティシエが現地で数カ月修行して学んだ味・製法なので、現地の味が楽しめます。季節の果物入りの豆花も人気で、日本人はもちろん、中華圏のリピータにも喜ばれています。

 

 

写真:芋圓豆花 780円

 

<店舗情報>

住所:新宿区西新宿1-1-3 新宿ミロード7F
TEL:03-3349-5828
営業時間:11:00~23:00
定休日:無休

四谷エリア

カフェミクニズ

 

東京都産の果物をおいしく提供する

人気レストランが手掛けるカフェ。可能な限り東京都産の素材を使って作るケーキは、通年いただけるショートケーキの他、季節限定のものまで多彩にそろっています。イチゴを引き立てる味わいで人気のショートケーキは、生クリームもイチゴのおいしさを邪魔しないように調整されていたり、軽い口どけのスポンジで、イチゴの酸味を活かしています。

 

 

写真:ショートケーキ 490円

 

<店舗情報>

住所:新宿区若葉1-18-6
TEL:03-3351-3921
営業時間:

・火~土11:30~18:00

・日11:30~16:00
定休日:月曜日

神楽坂エリア 

パティスリー カーヴァンソン 

 

その日販売する分だけつくる

チョコレートを練りこんだ生地に、2層のチョコレートソースを流し込んだタルト。チョコレートソースは、フランス製の7種類のチョコレートをブレンドしたオリジナル手作りソース。生地には、北海道産の発酵バターと小麦粉を使用しています。

濃厚なのに、後味はすっきり。チョコレート好きもうなる、上品で奥深いチョコの魅力にウットリの逸品です。

 

 

 

写真:タルトショコラ 600円 

 

<店舗情報>

住所:新宿区筑土八幡町1-2
TEL:03-5228-3931
営業時間:HPもしくは店頭にて要確認(5〜6日/1ヶ月程度オープン)
定休日:HPもしくは店頭にて要確認(5〜6日/1ヶ月程度オープン)

高田馬場・早稲田・大久保エリア

アニバウム

 

 

余計な素材は使わない

卵白と卵黄を分けてかくはんするなど、手間暇かけて焼き上げたバウムクーヘンは、卵、小麦粉、砂糖、バターなどのシンプルな素材で作られています。

納得がいくまで研究した焼き加減で、ふんわりとした食感と素材を生かした味わいで、唯一無二のおいしさに。

チョコやナッツをかけた「デコバウム」もおすすめ。

 

  

写真:Anni BAUM プレーン 1620円(税込)

 

<店舗情報>

住所:新宿区早稲田鶴巻町519
TEL:03-6233-8950
営業時間:10:00~19:00
定休日:月曜日

 

落合エリア

寒天工房 讃岐屋

手間暇かけて、丁寧に

しっかりとした弾力と金色っぽい色が特徴の寒天は、伊豆の天草を使用し、圧力製法で作られます。あんこは、北海道十勝産の小豆を、豆は富良野産のえんどう豆を使用。餅粉だけで作るモッチモチの求肥もちなど、一つひとつの素材が丁寧にしあげられています。季節限定のスイーツも人気。

 

 

写真:クリーム白玉あんみつ 648円

 

<店舗情報>

住所:新宿区高田馬場3-46-11
TEL:03-5489-5489
営業時間:

・テイクアウトー11:00~17:00

・イートインー12:00~16:30
定休日:水曜日

 

一般社団法人新宿観光振興協会
© Shinjuku Convention & Visitors Bureau

PageTop