新宿の魅力

神楽坂

夜の神楽坂周縁部では
安酒が文化の香りを
まとう

能町 みね子
漫画家兼エッセイスト、イラストレーター。新宿区神楽坂在住。最新刊「能サポ」「能スポ」「きまぐれミルクセ~キ」発売中。ラジオ・テレビ番組への出演多数。
神楽坂=オシャレで高級、
というイメージを、
周縁部の住民としてはぜひぶち壊したい。

神楽坂といえばすっかりオシャレな街として評価は安定し、元花街という裏づけも相まって地価も上がる一方。神楽坂通りにはさぞハイプライスで美味きわまりないお店が並んでいるのであろう、一見には入りづらいのであろうとお嘆きのみなさま、私は神楽坂と呼ばれる地域に住んで早14年経ちましたが、神楽坂のメイン通りは言ってみりゃハレの日のご褒美です。

もっと庶民的でオシャレ度もちょうど良いくらいのお店が、神楽坂と呼べるかどうか微妙なあたり、周縁部にたくさんあるんだってことを私は主張したい。

まず、坂をのぼりきって喧噪を抜けたあたりにある、このへんの住民誰もが大好きな「竹ちゃん」にみんなを連れていきたい。チェーン店ではないけど小料理屋風でもない、大箱の安居酒屋。意外と(失礼)お刺身もうまいし、寿司からたこ焼きまである。同じ「竹ちゃん」の名でカラオケボックスも雀荘も同じビルにあるという用意の良さ。

同じビルの地下にあるのはテイスト違いの「ハービーフットクラブ」。いかにも若いビジネスマンがテレビでフットボールなどを見そうな感じのアメリカンなお店で、実際にそうなんだけど、ちょっと驚くほどハンバーガーがおいしい。だから大好き。

坂の下のだいぶ外れ、新小川町まで行けば「パイロン」という餃子の名店があるし、神楽坂通りから少し外れた大久保通りにある「余白」は元出版社勤務のご夫婦による上品なお店。もともと神楽坂の北側は、製本所や出版関係の小企業が密集する文系+製造業ゾーン。神楽坂民のベースは下町だけど、そこにうっすら文系の香りが漂う。そんな住民が愛する店は、実は神楽坂の周縁部にあるのです。

夜遊びもほどほどにニャ
今回のNight Watch
毘沙門せんべい 福屋/
新宿区神楽坂6-38〈写真1〉
竹ちゃん/
新宿区神楽坂6-38 神楽坂ビルB1F〈写真2~5〉
ハービーフットクラブ/
新宿区白銀町1-13〈写真6~12〉
PAIRON/
新宿区新小川町8-32〈写真13~15〉
BOOK & BAR 余白/
新宿区神楽坂4-2〈写真16~19〉
その他の写真は、どこにあるか実際に街を歩いて見つけよう!
NIGHT WATCH IN KAGURAZAKA
一般社団法人新宿観光振興協会
© Shinjuku Convention & Visitors Bureau

PageTop