プレミアムニュース

2022.11.24
新宿西口 思い出横丁

11月24日は「思い出横丁の日」

毎年11月24日は「思い出横丁の日」です。

1999年11月24日に思い出横丁において火災が発生し、多くの店舗が全半焼しました。この火災事故を忘れず防災意識を高める日として、また近隣企業や客への日頃の感謝を込めて、新宿西口商店街振興組合が制定したものです。


「思い出横丁の日」を記念し、オリジナルTシャツの販売が行われます。今年は11月24日〜26日の3日間、「但馬屋珈琲店」前の特設ブースや思い出横丁一部店舗で購入することが出来ます。Tシャツ購入者にはドリンク一杯無料券を配布!オリジナルTシャツを着て思い出横丁を盛り上げましょう♪



思い出横丁とは 

東京・新宿駅の西口に位置する思い出横丁は、ノスタルジックな情景が残る、古き良き飲屋街。そのルーツは、戦後直後に焼け野原にできた露天商のマーケットです。現在は、もつ焼き屋・焼鳥屋を中心とした約60店舗の飲食店やチケットショップなど合わせて約80店舗が、630坪ほどの土地にひしめき、街の賑わいを支え、外国人観光客にも人気のスポットとなっています。

思い出横丁ウェブサイトはこちら

前のページに戻る
一般社団法人新宿観光振興協会
© Shinjuku Convention & Visitors Bureau

PageTop