イベント

2017年1月6日(金)~2月20日(月)

麻と絹から見る、日本の染織技術

縄文や弥生時代の遺跡からの出土品や、『魏志倭人伝』の記述で知られているとおり、日本人は古代より衣服の材料として麻と絹を利用してきました。麻は高温多湿の日本の気候において良く育ち、絹もまた蚕蛾の育ちやすい環境である日本においては、自分たちで管理し身近に手に入れられる材料でした。本展では、麻と絹、それぞれが糸となるところから、織られて布となり、着物になるまでの経過をたどり、それぞれの材料の特色や染織技術との結びつきを見ていきます。

  

着物ができる過程と昔から培われてきた日本の染織技術を知れば、着物により興味がわきそうですね。

是非お越しください。

会期

2017年1月6日(金)~2月20日(月)

10:00~16:30

休館日 日曜日、祝日

※2月11日(土・祝)開館
※1月20日、2月10日は19:00まで開館

会場

文化学園服飾博物館

入館料 一般500円・大高生300円、小中生200円

※20名以上の団体は100円引き、障がい者とその付添者1名は無料

お問い合わせ・詳細

文化学園服飾博物館ホームページ

TEL.03-3299-2387

前のページに戻る
一般社団法人新宿観光振興協会
© Shinjuku Convention & Visitors Bureau

PageTop