おすすめスポット

抜弁天 (厳嶋神社)

抜弁天は今はもう地名のようになってしまったが、その昔は源義家が祈願した厳島神社がありました。この近くを旧鎌倉街道が通っていたために源義家の伝説があるのだといわれています。

境内が南北に通り抜けでき、また苦難を切り抜くための弁天社、いわゆる抜弁天として庶民から信仰され、江戸六弁天、山の手七福神の一つに数えられました。神社付近一帯は、江戸時代の犬小屋跡です。

五代将軍徳川綱吉は天和2年(1682)に世継の徳松を亡くした悲しみから、貞享2年(1685)以降、数回にわたり生類憐れみの令を出しました。元禄8年(1695)には中野に一六万坪、大久保に二万五千坪の犬小屋を設けて野犬を収容しました。同年十月には四万二千匹に達したといわれています。

新宿山ノ手七福神めぐり《弁財天》 

郵便番号 〒162-0055
住所 東京都新宿区余丁町8-5
最寄駅・アクセス
  • 都営地下鉄大江戸線 若松河田駅から徒歩10分
前のページに戻る

周辺のおすすめスポット

一般社団法人新宿観光振興協会
© Shinjuku Convention & Visitors Bureau

PageTop