おすすめスポット

三遊亭円朝旧居跡

区立花園公園・小学校一帯は、明治の東京落語界を代表した三遊亭円朝が、明治21年から28年まで住んだ場所です。

屋敷地は、およそ1000平方メートル。母屋と廊下続きの別棟の離れが、『円通堂』と呼ばれた円朝の居室でした。孟宗竹の深い藪や野菜畑に囲まれ、田園風景が広がっていたといいます。

円朝は周囲の喧噪を避けて、当時はまだ寂しい町だったこの地を選んだそうです。

怪談噺や人情噺を得意とした円朝の代表作は、「真景累ヶ淵」「牡丹灯籠」「塩原多助」など。とくに新宿在住時は、新宿や戸塚を舞台とする「怪談乳房榎」や「名人長次」などを書き上げ、まさに円熟期にありました。

新宿区指定史跡に指定されており、花園公園内に旧居跡の碑が建っています。

郵便番号 〒160-0022
住所 東京都新宿区新宿1-21
最寄駅・アクセス
  • 東京メトロ丸ノ内線 新宿御苑前駅から徒歩5分
前のページに戻る

周辺のおすすめスポット

一般社団法人新宿観光振興協会
© Shinjuku Convention & Visitors Bureau

PageTop