おすすめスポット

四谷見附橋

四谷見附橋 四谷見附橋

江戸時代の寛永16年 (1639年)には、現在のJR「四ツ谷」のあたり、外堀の内側に四谷御門が造られ、見附番所が置かれて甲州街道の要衝となりました。門は明治5年に撤去され、現在はわずかにその石垣の一部を残しています。

新宿からくる街道は、防御上の配慮によってコの字型に造られており、明治時代になるとこれが交通の障害に。そこで東京市は、明治44年、外堀に架橋して街道を直進させる工事に着工しました。大正2年9月に完成。これが『四谷見附橋』で、迎賓館および付近の風景との調和をはかるよう、フランス風クラシック調のデザインに設計されています。平成3年10月に架け替えられました。

郵便番号 〒160-0004
住所 新宿区四ツ谷一丁目~千代田区六番町
前のページに戻る

周辺のおすすめスポット

一般社団法人新宿観光振興協会
© Shinjuku Convention & Visitors Bureau

PageTop