おすすめスポット

鎧神社 狛犬型庚申塔


江戸時代までは「鎧大時明神」と称しました。「鎧」の社名は、伝説によると日本武尊命が東征してきた際に、この地に甲冑六具を納めたことによるものといわれています。

また一説によれば、天慶3年(940年)、藤原秀郷により討たれた平将門の鎧を埋めたとか、病に苦しむ秀郷、境内に将門の鎧を埋めてその霊を弔ったところ病が全快した、などともいわれています。以後、柏木村の鎮守の社として村人たちから崇敬を受けてきました。また本社は、「天慶の乱」の際、将門の弟将頼が陣地にしたともいわれます。

境内の天神社には、享保6年(1721年)に奉納された素朴な狛犬があり、庚申塔に流用された珍しい姿を見ることができます。

郵便番号 〒169-0074
住所 東京都新宿区北新宿3-16-18
最寄駅・アクセス
  • JR 大久保駅から徒歩11分
  • JR 東中野駅から徒歩14分
  • 都営地下鉄大江戸線 東中野駅から徒歩14分
Webサイト
前のページに戻る

周辺のおすすめスポット

一般社団法人新宿観光振興協会
© Shinjuku Convention & Visitors Bureau

PageTop