イベント

2021年6月5日(土)~13日(日)

新国立劇場バレエ団『ライモンダ』

2021年6月5日(土)~6月13日(日)に新国立劇場オペラパレスで古典バレエ「ライモンダ」が上演されます。

Photo by Satoshi Yasuda

古典の美しさを格調高い舞台で

『ライモンダ』はアレクサンドル・グラズノフの音楽が大変美しい中世十字軍の時代の物語で、プティパ最後の傑作といわれる古典バレエです。

新国立劇場では、この格調高い古典名作を、当時英国ロイヤルバレエで活躍していた吉田都芸術監督などを主演ゲストに招き2004年に初演。牧阿佐美の格調の高い振付と演出、現代的でスピード感あふれるスペクタクルな舞台展開、そしてルイザ・スピナテッリの色彩が印象的な衣裳・舞台美術は大変評判をよび、朝日舞台芸術賞を受賞。
また、2008年2月にはジョン・F・ケネディ・センター主催の日本フェスティバルで上演され、好評を博しました。

※詳細はこちら⇒「新国立劇場バレエ団 ライモンダ」公式サイト

ものがたり

十字軍の遠征に出ているジャン・ド・ブリエンヌと密かに婚約の約束をしているライモンダは、再会を夢にみるほど彼の帰還を待ちわびている。サラセンの王アブデラクマンも、美しいライモンダを憎からず思っている。ライモンダの叔母である伯爵夫人の館で開かれた宴に招待されたアブデラクマンは宝石や数々のめずらしい踊りで彼女の気を引こうとするが、そこにジャン・ド・ブリエンヌが登場して、彼女をめぐり決闘となる。


撮影:瀬戸秀美

作品のみどころ

<幻想的な色彩の美術で描かれる、中世の華やかな歴史絵巻>

『ライモンダ』の舞台は中世のフランス・プロヴァンス地方。ライモンダの婚約者ジャン・ド・ブリエンヌはプロローグで十字軍遠征へ向かいます。十字軍の時代を背景に、まるで絵画を見ているような、西洋と東洋双方の中世的色彩に溢れた美術のなかでドラマが展開していきます。華やかな絵巻物を紐解くような舞台がお楽しみいただけます。

 

<スピーディーなストーリー展開と幕ごとに異なるテイストを堪能> 
『ライモンダ』は第1幕ではクラシック、第2幕ではキャラクター・ダンス、第3幕ではハンガリー風と幕ごとに異なるテイストの踊りを味わえ、スピーディーに展開するドラマと共に、踊りの醍醐味もふんだんに盛り込まれています。中でも、1幕、2幕ではライモンダを巡る恋の三角関係のドラマが運ばれていくのに対し、第3幕では有名な「グラン・パ・クラシック」で8組の男女カップルを従えたライモンダとジャンによる豪華絢爛な踊りが披露され、踊りの見せ場として最高潮に盛り上がります。

 

<ライモンダへ情熱的に愛を伝えるサラセンの王・アブデラクマン>

ジャンの恋敵として登場するサラセンの王・アブデラクマン。牧阿佐美版ではこのキャラクターを、無理やりライモンダを略奪しようとする悪役ではなく、ライモンダに恋焦がれてる1人の男性として描いています。それによっていつの時代にも通ずる、男女の普遍的な恋愛模様としてストーリーが進んでいきます。優しく端正な騎士であるジャンと、野性的で愛情をストレートに表現するアブデラクマンという異なる魅力をもつ男性2人は、立場や人種は違っても、心からライモンダを愛しているということは変わりなく、ご覧の方も感情移入しやすいキャラクター設定となっています。

吉田都芸術監督×松本幸四郎丈 スペシャル対談が 『ライモンダ』公演リーフレットにてご覧いただけます!

新国立劇場バレエ団は『ライモンダ』が、幸四郎丈は構成・演出・出演を務める第4回日本舞踊未来座=祭(SAI)=『夢追う子』が、2021年6月に行われます。それぞれに本番を控えるふたりのスペシャル対談を『ライモンダ』公演リーフレットにてお届けします。

それぞれの公演のみどころから日本舞踊とバレエの共通点、そして舞台芸術という伝統を受け継いでいくことまで、多岐にわたる話題について語り合っています。

公演リーフレットは『ライモンダ』にご来場いただいた皆様に無償で配布しております。
ぜひ、劇場でのご観劇と併せてお楽しみください。

公演日程

・2021年6月5日(土)14:00~
・2021年6月6日(日)14:00~
・2021年6月11日(金)14:00~
・2021年6月12日(土)14:00~
・2021年6月13日(日)14:00~

*新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、託児サービス、バックステージツアーは当面休止させていただきます。
*ロビー開場は開演60分前、客席開場は開演45分前です。開演後のご入場は制限させていただきます。

予定上演時間

約3時間(休憩含む)

チケット

チケット情報詳細はこちらのページ内《チケット》欄をご確認下さい。

新型コロナウイルス感染拡大予防への取り組み

本公演は新型コロナウイルス感染予防、拡大防止対策をとって上演いたします。
新国立劇場における新型コロナウイルス感染拡大予防への取り組みと主催公演ご来場の皆様へのお願い https://www.nntt.jac.go.jp/release/detail/23_017576.html

場所

新国立劇場 オペラパレス

〒151-0071 東京都渋谷区本町1丁目1番1号

 

●アクセス

京王新線(都営新宿線乗入)「初台駅」中央口(新国立劇場口)直結。

※東口(東京オペラシティ口)ではございません。ご注意ください。

※京王線は止まりません。

詳細はこちら⇒公式サイト(アクセス)

お問い合わせ先

新国立劇場 ボックスオフィス

TEL:03-5352-9999(10:00~18:00)

♦公式ウェブサイト:https://www.nntt.jac.go.jp/ballet/raymonda/

前のページに戻る
一般社団法人新宿観光振興協会
© Shinjuku Convention & Visitors Bureau

PageTop