イベント

2021年7月15日(木)~9月28日(火)
入館は閉館の30分前まで。

再現 女性の服装1500年 -京都の染織技術の粋-

2021年7月15日(木)~9月28日(火)まで文化学園服飾博物館にて公益社団法人京都染織文化協会創立80周年記念「再現 女性の服装1500年 -京都の染織技術の粋-」が開催中です。

時代衣装 飛鳥・奈良時代 昭和6年〜8年 (公社)京都染織文化協会所蔵

公益社団法人京都染織文化協会創立80周年記念「再現 女性の服装1500年 -京都の染織技術の粋-」

平安遷都以降、貴族や武家、そして裕福な町人の華やかで贅沢な衣生活を支えたのが、都の職人たちでした。応仁の乱で京が一時灰燼に帰すことがあっても、職人たちはこうした苦難を乗り越え、新たな染織技術を次々に生み出して現代に至っています。しかしその間、京都の染織が一時期低迷することもありました。昭和6年(1931年)、京都の染織業の振興を図るために行われたのが京都染織祭でした。本展覧会では、当時の京都の染織技術を結集して復元された、古墳時代から明治時代に至る女性の衣服を展示して日本の女性の服装の1500年をたどるとともに、当館所蔵の江戸時代後期から昭和時代初期の優品を通して京都の染織技術の真髄を感じていただきたいと思います。

詳細はこちら→公式サイト


時代衣装 江戸時代 昭和6~8年 (公社)京都染織文化協会所蔵
時代衣装 江戸時代 昭和6~8年 (公社)京都染織文化協会所蔵

打掛(白綸子地御簾草花蝶霞模様打掛) 江戸時代~明治時代(19世紀) 三井家伝来(8月6日まで展示) 文化学園服飾博物館所蔵

打掛(白綸子地御簾草花蝶霞模様打掛) 江戸時代~明治時代(19世紀) 三井家伝来(8月6日まで展示) 文化学園服飾博物館所蔵

関連イベント

【講演会】
日時:7月31日(土) 13:30~17:00(受付は13:00より開始)

「京都染織祭の歴史―なぜ女性時代風俗衣装は制作されたのか」
龍谷大学 非常勤講師 北野 裕子氏

「身分表現としての、服装と染織技術の選択 -近世以前の日本の服飾文化-」
共立女子大学 教授 長崎 巌氏

参加方法:オンライン開催(ZOOM)。予約不要。先着300名。展覧会特設ホームページにURLを公開します。
※詳細は、展覧会特設ホームページにてお知らせします。

【実演・ワークショップ】
職人による伝統染織技法の実演・ワークショップ
参加方法:ワークショップは事前予約制です。詳細、申し込みは展覧会特設ホームページより。

◎展覧会特設ホームページはこちら 
https://www.fashion-kyoto.or.jp/orikyo/80th.html

会期

2021年7月15日(木)~9月28日(火)

開館時間

10:00~16:30

(7月16日、9月17日は19:00まで開館、入館は閉館の30分前まで)

*事前予約の必要はありません

*混雑時には入館をお待ちいただく場合もございます。

休館日

日曜日・祝日
※現在開催している展示の詳細は『開催中の展示』をクリックして下さい。

入館料

一般500(400)円、大高生300(200)円、小中生200(100)円
*( )内は20名以上の団体料金
* 障がい者とその付添者1名は無料

会場

文化学園服飾博物館


〒151-8529 東京都渋谷区代々木3-22-7
新宿文化クイントビル 1階 TEL.03-3299-2387

<アクセス>

交通
電車: JR・京王線・小田急線 新宿駅(南口)より徒歩7分
都営地下鉄新宿線・大江戸線 新宿駅(新都心口)より徒歩4分
地下道ワンデーストリート 出口O-1に隣接

都営バス: 新宿駅西口22番のりば(京王百貨店前)宿75出入系統 新宿車庫行き
文化服装学院前下車(乗車時間約3分)

☆詳細はこちら

お問合せ 

文化学園服飾博物館公式サイト

 

【関連ページ】

前のページに戻る
一般社団法人新宿観光振興協会
© Shinjuku Convention & Visitors Bureau

PageTop