イベント

2021年6月19日(土)~26日(土)

第12回 神楽坂落語まつり

「第12回 神楽坂落語まつり@赤城神社」を2021年6月19(土)、26日(土)に、赤城神社(東京都新宿区赤城元町)で開催いたします。

古今亭菊之丞プロデュース 第12回「神楽坂落語まつり」

「神楽坂伝統芸能」実⾏委員会は「第12回 神楽坂落語まつり@⾚城神社」を2021年6⽉19⽇(⼟)、26⽇(⼟)に、⾚城神社(東京都新宿区⾚城元町)で開催いたします。


神楽坂落語まつりは古今亭菊之丞がプロデュースする落語会。2009 年より毎年開催してきましたが、昨年は新型コロナウイルス感染症の影響により開催を断念しました。今年は満を持して感染症対策を⾏いながら実施いたします。今回の会場は⽜込総鎮守「⾚城神社」(東京都新宿区⾚城元町)。神楽坂駅から近く、隈研吾設計のモダンなガラス張りの社殿も美しい神社の参集殿で開催です。

今回は総勢10 名の⼈気実⼒を兼ね備えた噺家たちを古今亭菊之丞が顔付けしました。19 ⽇の昼は古今亭の⼀⾨による古典三昧。落語の醍醐味といえる古典をじっくりと楽しませてくれます。19 ⽇の夜は新作落語の⼈気噺家が勢揃い。新作のみの番組は神楽坂落語まつり初の試み。どのような会になるのか、乞うご期待。26⽇は林家正蔵、古今亭菊之丞、柳家三三の当代落語界を代表する名⼿たちが登場。 “ほんもの”を堪能できます。


古典、新作、個性あふれる噺家の中から新たなご贔屓を発⾒できる楽しみもあり、落語ツウを唸らせるだけではなく、落語初⼼者の⽅も気軽にゆっくりと、たっぷり楽しめる内容となっています。




神楽坂落語まつりとは
江⼾時代から芸能の街として賑わった東京・神楽坂。昭和初期には5 つの寄席があり、柳家⾦語楼や古今亭志ん朝などの名⼈が神楽坂周辺に居を構えました。昭和40 年代には三遊亭⼩⾦⾺(現⾦⾺)の勉強会を⽪切りとした毘沙⾨天善國寺での落語会を中⼼に、⼈気・実⼒を兼ね備えた多くの噺家たちが⽻ばたいていった街でもあります。その伝統を今に受け継ぐイベントとして、2009 年に地元の⼈たちによる⼿づくりの落語会「神楽坂落語まつり」は始まりました。
プロデューサーには粋な江⼾落語の正統派、古今亭菊之丞師匠を第1 回⽬より迎えてきました。師匠は毘沙⾨天善國寺で定例独演会を開き続けて15 年。「第三次神楽坂落語ブーム」の⽴役者であり、いまや神楽坂落語の顔と⾔える存在です。「神楽坂落語まつり」では毎回、師匠⾃らテーマを決めて顔付けし、神楽坂ならではの落語会を実現してきました。

詳細はこちら⇒神楽坂伝統芸能2021公式サイト

日時

2021年6月19日(土)・26日(土)

場所

⾚城神社 参集殿(東京都新宿区⾚城元町1-10)

内容・料金

19⽇昼席「古今亭精選落語会〜じっくり、古典で」
古きを今に伝える古今亭の⼀⾨による古典三昧。落語の醍醐味といえる古典をじっくりと楽しませてくれま
す。
⽇時:2021 年6 ⽉19 ⽇(⼟)14 時開演
出演:古今亭菊之丞、蜃気楼⿓⽟、古今亭⽂菊、隅⽥川⾺⽯(出演順)
料⾦:4,000 円(全席⾃由・椅⼦席)

19⽇夜席「神楽坂新作⼤全〜新しき⾵、たっぷり」
新作落語の噺家を集めた番組は、神楽坂落語まつり始まって以来の試み。どのような会になるのか、乞うご
期待。
⽇時:2021 年6 ⽉19 ⽇(⼟)18 時開演
出演:林家きく麿、柳家⼩ゑん、三遊亭天どん、三遊亭⽩⿃(出演順)
料⾦:4,000 円(全席⾃由・椅⼦席)

26⽇「正蔵・菊之丞・三三 三⼈会〜ほんものを、ゆったりどうぞ」
⾼座に上がるだけで場内を明るくする林家正蔵。江⼾落語といえばこの⼈、粋でしなやか古今亭菊之丞。そ
して、本⼨法の落語を抜群のうまさで聴かせる柳家三三と、当代落語界を代表する名⼿たちの “ほんもの”!を
ご堪能ください。
⽇時:2021 年6 ⽉26 ⽇(⼟)18 時開演
出演:林家正蔵、古今亭菊之丞、柳家三三
料⾦:4,200 円(全席⾃由・椅⼦席)

チケット取り扱い

 インターネット:公式ウェブサイト:confetti-web.com/kagurazakarakugo_2021

 電話:カンフェティチケットセンター 0120-240-540(平日10時~18時 オペレーター対応)

主催

「神楽坂伝統芸能」実行委員会

共催

新宿区

後援

神楽坂通り商店会、NPO 法人粋なまちづくり倶楽部、⼀般社団法人新宿観光振興協会

プロデュース

古今亭 菊之丞

企画制作

株式会社粋まち

お問い合わせ

「神楽坂伝統芸能」実行委員会事務局 (株式会社粋まち 内)

 電話:03-6426-1728(平日10時~18時)
 FAX:03-5227-3572

 Eメール:info@kagurazaka-dento.com

 ウェブサイト:https://kagurazaka-dento.com/

  

【関連ページ】

毘沙門天善国寺

神楽坂

文人気分で、ちょっとおしゃれな街歩き(芸者新道ほか)

昔ながらの情景を残す街でぷち京都気分を味わうコース



前のページに戻る
一般社団法人新宿観光振興協会
© Shinjuku Convention & Visitors Bureau

PageTop