イベント

2022年4月16日(土)~6月22日(水)

篠田桃紅展

2022年 4月 16日(土)~ 6月 22日(水)まで
東京オペラシティ アートギャラリーにて「篠田桃紅展」が開催。


《熱望》2001 年、公益財団法人 岐阜現代美術財団蔵



107 歳で逝去した巨星、篠田桃紅。
知られているようで知られていない仕事の 全貌を総数約 130 点の作品・資料で大回顧。

 篠田桃紅は、70 年を越える活動を通して、前衛書から墨による独自の抽象表現の領域を拓き、孤高の 位置をまもりながら探究しつづけました。中国大連に生まれ、東京で育った篠田は、自立した生き方を 求めて書の世界に身を投じ、戦後まもなく、40 歳を越えて単身ニューヨークに渡り活動の場を大きく 拡げます。新しい表現を求める熱気あふれるこの時代、欧米の抽象芸術と日本の前衛書が時代の先端で 響きあうなか、篠田の表現は大きな注目と高い評価を獲得したのです。帰国後は、書と絵画、文字と形 象という二分法に囚われない、墨によるまったく新しい独自の抽象表現、空間表現を確立し、ときに建 築的なスケールにまで及ぶ制作によって、他の追随を許さない位置を占めました。篠田はまた、版画の 世界でも固有の表現を確立し、さらに豊かな教養と細やかな感性、そして怜悧な批判精神に裏打ちされ たエッセイの名手としても、広く人々から愛されました。
 惜しくも 107 歳で逝去した作家の没後 1 年 を経て開催される本展は、桃紅の長きにわたる活動の全貌を約 130 点の作品・資料により紹介すると ともに、その広い射程と現代性を今日的な視座から検証するものです。


本展の特徴と見どころ

1. 知られざる仕事の全貌を紹介

首都圏で初の回顧展として、篠田桃紅の仕事の全貌に迫ります。

2. 繊細にして雄渾な作品の魅力 滲み、かすれ、濃淡…。

墨が生む限りないニュアンス。作品の魅力を堪能できるま たとない機会です。

3. 自由を求め、孤高を貫いた生き方にも注目!

自由と自立を求めて表現の世界に身を投じ、独自の抽象表現で生涯孤高を貫いたその生き方にも注目。

4. 建築の巨匠たちとの協働

丹下健三らとコラボレーションした建築関連のしごとにも注目。

5. 作品と作品との対話、作品と空間との響き会いに注目!

作品の魅力を、巧みな空間構成で際立たせます。




《私記》1988、公益財団法人岐阜現代美術財団蔵


《明皎》1960 年代、鍋屋バイテック会社蔵

篠田桃紅 略年譜


1913 年 3 月 28 日、中国大連に生まれ、翌年父の転勤で東京に移る。

幼少より書に親しむ。

1940 年 銀座鳩居堂で初めての書の個展。伝統に縛られない自由な表現

を志向するが「根なし草」と酷評される。

1945 年 敗戦後、病をえて二年間療養。

1947 年 この頃より文字に囚われない抽象的な作品を制作しはじめる。

1954 年 建築関連の最初の仕事として、サンパウロ市 400 年祭の日本

政府館(設計・丹下健三)に壁書を制作。

ニューヨーク近代美術館「日本の書」展に出品。

1955 年 ベルギーの画家ピエール・アレシンスキーの映画「日本の書」

撮影のために制作を実演。

1956 年 日本の前衛書と欧米の抽象絵画の響きあいに国際的な注目が集ま

るなか、単身渡米。主にニューヨークを拠点に2年にわたり活動、

全米各地およびパリで個展を開催。

1958 年 帰国。大田区田園調布に居を構える。以後、日本の湿潤な風土が墨

の特性を生かすことを再認識し、日本で制作して海外で精力的に発

表しながら、独自の抽象表現に取り組んでいく。また多くの建築の

ために壁書、壁画、陶壁、緞帳などを手掛けていく。

1959 年「日本の伝統と革新:白隠・志功・桃紅・南谷 4 人展」

(クレラー・ミューラー美術館、オランダ)。

1963 年 山梨県富士山麓にアトリエを構え、以後、毎年一定期間ここで制作。

1965 年 国立京都国際会館(設計: 大谷幸夫)のためにレリーフと壁画を制

作。ベティ・パーソンズ画廊(ニューヨーク)で個展

(以後複数回開催)。

1974 年 増上寺(東京)のために壁画と襖絵を制作。

1979 年「岡田・篠田・津高:20 世紀日本の抽象絵画 3 人のパイオニアたち」展 (フィリップス・コレクション、ワシントン

 D.C.ほか巡回)。

『墨いろ』で第 27 回日本エッセイスト・クラブ賞受賞。

1992 年 回顧展「篠田桃紅 時のかたち」(岐阜県美術館)。

1996 年 個展「TOKO SHINODA VISUAL POETRY」展(シンガポール国立近代美術館)。

2003 年 関市立篠田桃紅美術空間開館。

2013 年 回顧展「篠田桃紅 百の譜」展(岐阜現代美術館、岐阜県立美術館ほか同時開催)。

「百の記念 篠田桃紅の墨象」展(菊池寛実記念 智美術館、東京)。

篠田桃紅ポートレイト_2006年、アトリエにて唐墨を磨る、撮影 近藤茂實

会期

2022 年 4 月 16 日(土)― 6 月 22 日(水)*59 日間

会場

東京オペラシティ アートギャラリー(ギャラリー1,2)

東京都新宿区西新宿3-20-2


アクセス

京王新線 初台駅より徒歩5分(直結)

開館時間

11:00-19:00(入場は18:30まで)

休館日

月曜日(ただし 5 月 2 日は開館)

入場料

入場料:一般 1200[1000]円/大・高生 800[600]円/中学生以下無料

*同時開催「収蔵品展 073 1960‒80 年代の抽象」「project N 86 諏訪未知」の入場料を含みます。

*[ ]内は各種割引料金。障害者手帳をお持ちの方および付添 1 名は無料。割引の併用および入場料の払い戻しはできません。

主催

公益財団法人 東京オペラシティ文化財団

協賛

NTT 都市開発リート投資法人

特別協力

 鍋屋バイテック会社、公益財団法人岐阜現代美術財団

お問合せ

東京オペラシティ アートギャラリー

TEL:050-5541-8600(ハローダイヤル

公式ホームページ

*新型コロナウイルス感染症対策およびご来館の際の注意事項は当館ウェブサイトをご確認ください。
最新の情報は随時当館ウェブサイト、SNS および特設サイトでお知らせします。

前のページに戻る
一般社団法人新宿観光振興協会
© Shinjuku Convention & Visitors Bureau

PageTop