イベント

2022年6月2日(木)~7月3日(日)
木曜日~日曜日開催

「Digital×北斎」特別展 「大鳳凰図転生物語」 

NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]では、6月2日より

「Digital×北斎」特別展「大鳳凰図転生物語」

を開催しております。

 

デジタル化を行った葛飾北斎最大の作品、岩松院(長野県・小布施町)本堂天井絵「鳳凰図」(八方睨み鳳凰図)を、300億画素のデジタルデータを活用して、実物大で完全に再現する展示です。

 

デジタル化の過程で得られた様々な発見についてもご紹介するとともに、それらの発見に基づいて考察・制作した、葛飾北斎が目指していたと思われる「鳳凰図」を、岩松院の本堂を再現した空間の中で体感する作品としてご紹介しております。 

 

「Digital×北斎」特別展は葛飾北斎が晩年に四度足を運び、肉筆画に力を注いだ小布施時代の代表作といえる岩松院本堂天井絵

「鳳凰図」、通称「八方睨み鳳凰図」を中心とした展覧会です。   

 

岩松院本堂天井絵「鳳凰図」(八方睨み鳳凰図)

 

 

巨大な「八方睨み鳳凰図」を実物大の高精細マスターレプリカとして展示するのに加え、岩松院本堂を再現した3Dダイブシアターでは、まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような空間で天井絵として「八方睨み鳳凰図」を体感いただけます。

 

また葛飾北斎が小布施で制作を行うにあたって大きな役割を果たした小布施の豪農商であり、優れた画家、書家、思想家、文人でもあった髙井鴻山との関係、調査・デジタル化の過程で発見した様々な事柄に関する考察についても動画やパネルで詳しくご紹介いただいてます。


当時葛飾北斎と小布施の人々が共同して実現しようとした一大地域活性化プロジェクトの全貌を、300億画素のデジタル技術でぜひご覧ください。

 

 

岩松院本堂天井絵原図「鳳凰図」

 

会期

2022年6月2日(木)~7月3日(日) 木曜日~日曜日開催

時間

11:00~18:00(入場は17:30まで) ご入場は日時指定・定員制です。

入館無料の方や会員の方を含め、すべてのお客様に事前予約が必要となります。

詳細は公式サイトをご確認下さい。 https://www.ntt-east.co.jp/art/hokusai-special/

会場

NTTインターコミュニケーション・センター[ICC] ギャラリーA

〒163-1404 東京都新宿区西新宿3-20-2 

東京オペラシティタワー4階 京王新線「初台駅」東口から徒歩2分

入場料

一般・大学生 1,500円

※ギャラリーEで開催中の「Digital×北斎【破章】北斎vs廣重」展の入場料を含みます。

※障害者手帳をお持ちの方および付添1名、65歳以上の方と高校生以下は無料(当日身分証明書のご提示をお願いいたします)。

お問い合わせ

e-mail bunka-ml@east.ntt.co.jp
電話 0120-114-677

 

 

前のページに戻る
一般社団法人新宿観光振興協会
© Shinjuku Convention & Visitors Bureau

PageTop