イベント

2022年11月5日(土)~2023年1月15日(日)

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

SOMPO美術館にて2022年11月5日(土)~ 2023年1月15日(日)の期間
「おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり」が開催されます。

ウィリアム・フッカー 《リンゴ 「デヴォンシャー・カレンデン」 》
1818年  スティップル・エングレーヴィング、アクアチント、手彩色/紙  34.5×26.0 cm Photo Michael Whiteway

英国キュー王立植物園の協力のもと、食用となる植物を描いたボタニカル・アート(植物画)の展覧会を開催します。野菜、果物はもちろん、ハーブやスパイスなど、身近なものから珍しいものまで、さまざまな食材を植物(食物)にまつわる物語と共に紹介します。古いレシピや、食卓を飾るティー・セット、カトラリーなどの資料類も展示し、「おいしい」ボタニカル・アートを通じて、イギリスの歴史と食文化をたどります。

ボタニカル・アートとは? 

薬草学や植物学といった科学的研究を目的として、草花を正確かつ緻密に描いた「植物画」のこと。 17世紀の大航海時代、珍しい植物を追い求めたプラント・ハンターたちの周辺で多くのボタニカル・アートが描かれ、専門の画家も活躍するなど急速に発展しました。18世紀以降になると科学的な目的に加え、芸術性の高い作品も描かれるようになりました。

展示の特徴

1. 見て「味わう」、ボタニカル・アートが集結

キャベツ、ジャガイモ、ターニップ、リンゴ、オレンジ、ミント、シナモン、ローズ マリーなど、身近なものから珍しいものまで、食材となる植物を描いたボタニカル・アートの展覧会です。


作者不明 《イチゴ 「ストロベリー・オブ・ヴェルサイユ」 》
1788年  エングレーヴィング、手彩色/紙  20.1×11.7 cm Photo Brain Trust Inc.


2. イギリスの歴史と文化を学ぶことができる展覧会

イギリスとリンゴの深い関係、コーヒーがイギリスの金融に果たした役割、 喫茶の習慣はどのように広まったのか、など、食を通してイギリスの歴史と文化を紹介します。


3. ボタニカル・アートだけでなく、関連資料も充実

ティー・セットやカトラリー等のテーブル・ウェア、古いレシピ(18世紀)、 ヴィクトリア朝の主婦のバイブル『ビートン夫人の家政読本』など、イギリス の食に関連した資料も展示します。

ロイヤル・ウースター社 《コーヒーカップ&ソーサー》
1879年頃  磁器  高さ6.4×幅8.5 cm(カップ)、 直径11.0 cm(ソーサー) Photo Michael Whiteway

会期

2022年11月5日(土)~ 2023年1月15日(日)

開館時間

午前10時から午後6時(最終入館は午後5時30分まで)

休館日

月曜日(ただし、1月9日は開館)、年末年始(12月29日~1月4日)

会場

SOMPO美術館

〒160-8338 東京都新宿区西新宿1-26-1 

<アクセス>

新宿駅西口より徒歩5分

観覧料

 一般:1,600(1,500)円 

大学生:1,100(1,000)円

高校生以下: 無料


※チケットは公式電子チケット「アソビュー!」(日時指定券)、ローソンチケット、イープラス、チケットぴあなどでお買い求めいただけます。詳細は美術館ホームページをご確認ください。

※身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳を提示のご本人とその介助者1名は無料被爆者健康手帳を提示の方はご本人のみ無料。

主催

SOMPO美術館、日本経済新聞社

協賛

SOMPOホールディングス

特別協力

英国キュー王立植物園、損保ジャパン

後 援

ブリティシュ・カウンシル

企画協力

ブレーントラスト

お問合せ

SOMPO美術館

TEL:050-5541-8600(ハローダイヤル)


SOMPO美術館 公式サイト

 

【関連ページ】

前のページに戻る
一般社団法人新宿観光振興協会
© Shinjuku Convention & Visitors Bureau

PageTop