イベント

2022年1月7日(金)~2月13日(日)

星 美加展-風の記憶-

 
2022年1月7日(金)~2月13日(日)まで、佐藤美術館にて「星 美加展-風の記憶-」が開催。

「追想」 2015

星 美加展-風の記憶-

 
 星 美加(ほし・みか)は1979年神奈川県生まれ、2010年筑波大学大学院人間総合科学研究科博士後期課程修了(芸術学博士号取得)。博士後期課程在籍時に当財団平成21年度19期の奨学生に選ばれています。2013年には文化庁新進芸術家海外研修員としてイタリアのフィレンツェに1年間滞在し、テンペラ技法を研究してきました。現在は筑波大学助教として後進の指導をつとめ、所属団体の二紀会では準会員として意欲的な作品発表を続けています。

 本展では「風景」と「室内の情景」の2つに展示を分け、2004年から現在に至る17年間の軌跡を振り返ります。初期作品では「記憶」や「時間」をテーマとした静かな風景が描かれますが、2007年頃から風の表現が現れ作風の変化が始まります。「風」は時間と同じく止むことなく通り過ぎていくもの。その一瞬を絵画に記録したいと星は言います。この風の表現によって劇的な要素をもつ風景へと力強く変化していきます。また室内の情景を描いた作品では窓、鏡、ドア越しの構図など複雑な空間を描いていますが、その空間へのこだわりを追求する中で3DCG技術と出会います。この技術を使用することで仮想空間において自由度の高い構図を試みることが可能となり、それまでになかった多様な空間構成を手にいれます。この3DCGソフトで生成された画像をもとにして制作が進められます。

 風景と室内の情景どちらのテーマも個々の物語を描くだけでなく、より強く印象づけるための工夫が凝らされています。油彩とアクリル、テンペラ等で描かれた過去の主要作品に加え、初公開の新作をあわせた37点を展示いたします。

 まるで映画の1シーンを見ているような作品たちをお楽しみください。


「還る場所」 2016

「過去の鑑賞会」 2015

会期

2022年1月7日(金)~2月13日(日)

入館料

一般:600円 学生:400円 中学生以下無料

開館時間

10:00〜17:00 *金曜は19:00まで (入館は閉館15分前まで)

休館日

月曜日 *祝日の場合開館、翌火曜休館

会場

佐藤美術館

〒160-0015 東京都新宿区大京町31−10 

 http://sato-museum.la.coocan.jp/

 

JR 総武線千駄ヶ谷駅より徒歩5 分、
JR 総武線信濃町駅より徒歩6 分、都営大江戸線国立競技場駅A3 出口より徒歩4 分
※駐車場はございません。

会期中のイベント

アーティストトーク(作家が自作について語ります)
日時:2022年1月22日(土)14:00~15:00
参加方法:予約不要・参加無料(ただし当日の入館料が必要です)
*会期・休館日・開館時間等は変更になる場合があります。当館Twitterウェブサイトをご確認ください。

主催

公益財団法人佐藤国際文化育英財団 佐藤美術館

協力

公益財団法人雪梁舎美術館、国立大学法人筑波大学、森の美術館

お問い合わせ

公益財団法人佐藤国際文化育英財団 佐藤美術館

〒160-0015 東京都新宿区大京町31-10
TEL.03-3358-6021

前のページに戻る
一般社団法人新宿観光振興協会
© Shinjuku Convention & Visitors Bureau

PageTop