イベント

2022年9月14日(水)~12月4日(日)

鴨居玲展 人間とは何か? Rey CAMOY -What is Man?

中村屋サロン美術館では2022年9月14日(水)~12月4日(日)の期間、
「鴨居玲展 人間とは何か? Rey CAMOY -What is Man?」が開催されます。

鴨居玲(1928-1985)は自己の内面を鋭く抉り出し、内の燃えさかる光をカンヴァスに描く画家として人気を博しています。
今回の展示では、「自画像」を中心に「老人たち」「教会」「婦人像」など、鴨居が心を込めて描いた油彩画、デッサン約40点を展観。人間ひとりひとりの内面にある孤独、不安、または運命といった陰の世界、また愛に対しても正面から対峙し、‘人間とは何か?’を問い続けて57歳でこの世を去った鴨居芸術の軌跡をたどります。17点の東京初出品作品や、鴨居が集めた家具や小物も展示されます。

自画像:鴨居玲、その人
鴨居玲が本格的に「自画像」に取り組むのは、1982年頃からです。この年の2月17日、鴨居は軽い心筋梗塞で病院に運ばれました。その折に描かれた自画像の、うつろな表情からは、この出来事が鴨居に‘死’というものを身近に感じさせたであろう様子がうかがえます。その後、鴨居がこの世を去る1985年までが、最も「自画像」が多く制作されることとなります。その表情は一貫して目が閉じられ、半開きの口で描かれています。そして、自分の死を示唆したような首吊りの図へ続いていきます。


《自画像(絶筆)》 1985年(笠間日動美術館蔵)

鴨居玲の芸術
鴨居は、金沢美術工芸専門学校(現 金沢美術工芸大学)在学中より二紀展に参加して初入選を果たすなど、頭角を現します。しかし、日本美術界の傾向が抽象表現に傾いてくると、己の作風を模索する中で苦悶の日々を送ることになりました。そのような中、パリ滞在やボリビア、ペルーへの放浪の旅を経て、1969年に安井賞を受賞します。その後、1971年に訪れたスペイン、ラ・マンチャ地方の小村バルデペーニャスでの生活は、鴨居に平安をもたらしました。村人たちを描いた作品群からは、鴨居の愛情が溢れています。
鴨居が最も多く取り上げたモチーフは、貧しさや寂しさを抱える人々や老人たちですが、それらの人々を通して自分自身を表現した作品もあります。人々の姿を借りることで、自己の内面を素直に表すことができたのでしょう。そのような意味では、裸婦や教会といったモチーフも鴨居自身とも言えるのかもしれません。


《私の話を聞いてくれ》 1973年(笠間日動美術館蔵)

《風船》 東京初出品(笠間日動美術館蔵)


イベント情報

●動画配信
鴨居玲の芸術世界について、中村屋サロン美術館 学芸員の太田美喜子が解説。
第1回 : 9月14日(水) AM10:30~配信予定
第2回 : 10月5日(水) AM10:30~配信予定


●中村屋サロン美術館 開館8周年記念
10月29日、中村屋サロン美術館は開館8周年を迎えます。

日頃の感謝とともに開館8周年を記念して、10月29日入館者には中村屋サロン美術館オリジナル「月餅」をプレゼント!
※上記プレゼント企画は、10月29日(土) 一日限りです。
※詳しくはコチラ ⇒ 中村屋サロン美術館HPのイベント案内


会期

2022年9月14日(水)~12月4日(日)

開館時間

10:30~18:00(最終入館17:40まで)

休館日

毎週火曜日

入館料

500円
※高校生以下無料(高校生は学生証を呈示してください)
※障害者手帳呈示の来場者および同伴者1名は無料
※リピート割引有り(会期中に当企画展の半券提示で200円割引)

場所

中村屋サロン美術館

〒160-0022 東京都新宿区新宿三丁目26番13号 新宿中村屋ビル3階

 

<アクセス>

JR:新宿駅東口から徒歩2分

東京メトロ丸ノ内線:新宿駅A6出口直結

※駐車場はありません


お問合せ

TEL 03-5362-7508

中村屋サロン美術館 公式サイト

 

【関連ページ】

前のページに戻る
一般社団法人新宿観光振興協会
© Shinjuku Convention & Visitors Bureau

PageTop