新宿の魅力

新宿 夏のひんやりメニュー特集2022

夏本番!暑い日につるっと食べたい冷たい麺や、写真映えもばっちりなひんやりスイーツなど、
新宿で食べられるひんやりフードやスイーツをご紹介いたします♪

 

★★ひんやりフード★★

手打麺処・郷土名物 三国一「サラダうどん」

手打そば大庵「夏特製!天せいろ」

郷土料理くらわんか「稲庭そうめん」

レストラン&カフェ Mannna/マンナ 新宿中村屋「涼拌麺」「棒棒鶏麺」

 

 ★★ひんやりスイーツ★★   

但馬屋珈琲店「珈琲ぜんざい」「珈琲屋のジェラートパフェ」

新宿追分だんご本舗 喫茶室 かき氷「クリームいちご」「宇治金時」 

  タカノフルーツパーラー 新宿本店「フルーツパフェ」

神楽坂 茶寮 本店「saryoパフェ」「生麩と白玉のクリームあんみつ」

あかぎカフェ「特製御神酒ジェラート」

  

 

※店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
 各店舗のルールに従いながら十分な感染症対策をお願い致します。

新宿で発見!夏に食べたいひんやりフード

手打麺処・郷土名物 三国一  

■サラダうどん

 

新宿に3店舗を構える、昭和29年創業の老舗のうどん専門店「三国一」は厳選された食材をふんだんに使って作り上げられたうどんの数々を楽しめる人気店です。

 

定番のメニューに加え、創作うどんのメニューも豊富で、甘辛く煮た豚肉とキムチにマヨネーズのコラボレーションが美味しい「豚丸(冷)」や、たっぷりキャベツの上にのった大きなカツに大根おろしでさっぱりいただける「おろしカツうどん(冷)」など、夏に食べたくなる冷たいうどんのメニューも充実しています。

 

その中でも、今回ご紹介したいのが「サラダうどん」です。実は、三国一は"サラダうどん"の発祥の店として知られていて、この「サラダうどん」を目当てに来るお客さんが少なくありません。

こしのあるもっちりとした自家製麺の上に、レタス、きゅうり、トマトなどの野菜が、麺が見えないほどのったこの「サラダうどん」はつゆはもちろんのこと、ドレッシングもマヨネーズも自家製。

トッピングも充実していて、自家製ハーブチキンやコーン、ツナなど毎日食べる人もいる新宿の定番です。

 

新宿にお立ち寄りの際は、是非「三国一」の元祖サラダうどんを味わってみてください。

  

・サラダうどん 1,050円(税込) 

 

【提供期間】通年
【テイクアウト】あり/テイクアウト価格 1,040円(税込)

 

手打ち製麺・郷土料理 三国一

 

 ●東口店

  住所:新宿区新宿3丁目24-8 モアセンタービル  

電話番号:03-3354-3591

営業時間:平日 11:30〜22:30(LO 22:00) 、 土日・祝日 11:00~22:30 (LO 22:00)

   定休日:毎週火曜日、1月1日(但し、火曜日が祝日の場合は翌日、水曜日が休みになります)

 

西口店

  住所:新宿区西新宿1丁目13-10 西新宿昭和ビル

電話番号:03-3344-3591

営業時間:月~金 11:00~22:00 、土曜日11:00~21:00

   定休日:1月1日、2日・日曜日・祝日

 

アイランドイッツ店

  住所:新宿区西新宿6丁目5-1 アイランドタワーB1階

電話番号:03-3346-3591

営業時間:月~金 11:00〜21:30(LO 21:00)土:11:00~15:00(LO 14:30)

   定休日:日曜日・祝日

 

手打そば大庵 

■夏特製! 天せいろ

 

厳選した国産の玄蕎麦を石臼で自家製粉し、すべて手こね、手打ち、手切りで作られる蕎麦がいただける「手打そば大庵(だいあん)」。

「夏特製!天せいろ」は、上品で身がふわふわな鱚、穴子、彩り豊かな夏野菜を盛り合わせた贅沢な旬の天ぷらと、本格的な蕎麦がセットになった食べ応え満点な夏季限定のメニューです。ふっくらサクッと揚げたてをお蕎麦とともにお楽しみ下さい。

店内には眺めの良いカウンター席や、やわらかな竹のスクリーンに囲まれた落ち着いた半個室もあり、新宿の中心にありながら、落ち着いた空間でお食事がいただけるので、大人な時間をゆっくりと過ごしたい方にもおすすめです。

 

・夏特製! 天せいろ(小鉢付) 2,420円(税込) 

 

【提供期間】~8月31日(水)まで
【テイクアウト】なし

 

手打そば大庵

  住所:新宿区新宿3-36-6  大安ビル2階 

電話番号:03-3352-5113

営業時間:平日 11:30~14:30(LO 14:00)、17:00~23:00(LO 22:00)

     ※月曜のランチはお休み(祝日の時は翌日昼お休み)

     土曜 12:00~23:00(LO 22:00)

     日祝 12:00~22:30(LO 21:30)

     ※一部ラストオーダーの早いメニューがございますので、詳しくはこちらからお問い合わせ下さい。  

定休日:年中無休(年始・夏期旧盆を除く)

 

 

郷土料理 くらわんか

■稲庭そうめん

 

ひと月ごとにその土地の旬な素材を使った日本各地の郷土料理がいただける、新宿にいながら「味のふるさとめぐり」ができるお店「郷土料理 くらわんか」。

郷土の情緒を感じられる店内には、板前を配した活気に溢れるカウンター席や、落ち着きある小上がりの個室など、席によって様々な気分を楽しむ事が出来ます。

こちらのお店で、この夏いただけるのが「稲庭そうめん」です。稲庭うどんと比べるとまだあまり知られていない「稲庭そうめん」ですが、稲庭うどんのツルッとしたのどごしはそのままに、一味違う食感・コシが楽しめる上品な逸品です。この機会にぜひ味わってみてください。

 

 

 ・稲庭そうめん 715円(税込)

 

【提供期間】~8月31日(水)まで
【テイクアウト】なし 

 

郷土料理 くらわんか

  住所:新宿区新宿3-36-6 大安ビルB1

電話番号:03-3352-5111

営業時間:平日 昼 11:30~14:30 (LO 13:50)   夜 17:00~22:30 (LO 21:30)
     土曜   夜 15:00~22:30 (LO 21:30)

 定休日:日曜日・祝日  

 

レストラン&カフェ Manna/マンナ 新宿中村屋

■涼拌麺

■棒棒鶏麺

 

新宿中村屋といえば、昭和2年発売のベストセラー「中村屋純印度式カリー」をはじめとするカレーが有名ですが、この時期にしか食べられない人気のメニューがあるのをご存じでしょうか。

それは、新宿中村屋ビル地下2階の「レストラン&カフェ Manna/マンナ」でいただける、冷やし麺「棒棒鶏麺(バンバンチーメン)」と「涼拌麺(リャンパンメン)」です。

棒棒鶏麺(バンバンチーメン)

 

「棒棒鶏麺(バンバンチーメン)」は、惣菜コーナーでも人気の自家製バンバンチーソースを使用し、しっとりとした蒸し鶏ともちもちの麺を一緒にいただける夏の定番メニューです。

 涼拌麺(リャンパンメン)

 

「涼拌麺(リャンパンメン)」は、10種類の具材ともちもちの麺に、ピーナッツ風味の胡麻ダレ、または和風醤油ダレのどちらかお好みの味を選んでいただくことが出来る、長年お客様にこの時期人気の冷やし麺です。

どちらも、期間、時間限定のメニューですので、この機会にぜひ味わってみてください。

 

・棒棒鶏麺 1,430円(税込)

・涼拌麺 1,518円(税込)

 

【提供期間】8月31日(水)まで 

      ※8月11日~15日は休止

【販売時間】平日の11:00~17:00
【テイクアウト】※冷やし麵のテイクアウトは行っておりませんが、カリー類のテイクアウトは行っております。

 

レストラン&カフェ Manna/マンナ 新宿中村屋

  住所:新宿区新宿三丁目26番13号新宿中村屋ビル 地下2階

電話番号:03-5362-7501

営業時間:月~木・日・祝 11:00~21:00(L.O 20:30)

       金・土・祝前日 11:00~22:00(L.O 21:30)

     ※変更する場合がございます

 定休日:1月1日

  

 

新宿で発見!夏に食べたいひんやりスイーツ

但馬屋珈琲店

■珈琲ぜんざい

■珈琲屋のジェラートパフェ

 

 

創業50年以上の歴史を誇り、新宿の街でその歴史と伝統を育んできた老舗の喫茶店「但馬屋珈琲店」。現在、新宿エリアには新宿駅西口思い出横丁の一角に店を構える「但馬屋珈琲店本店」の他に「小田急店」「新宿南口店」と3つの店舗を展開しています。
自家焙煎の深煎りコーヒー豆を特製ネルを使用して抽出するネルドリップで珈琲を楽しめることから、多くの珈琲好きが集う「但馬屋珈琲店」ですが、そんな珈琲と一緒に味わっていただきたいのが「珈琲ぜんざい」と「珈琲屋のジェラートパフェ」です。

 

珈琲ぜんざい

 

「珈琲ぜんざい」は珈琲の香りや苦味を感じられるつるりとした珈琲ゼリーに小豆、きなこ、クリームがのった、和洋折衷の絶妙な味わいのスイーツです。 

また、本格イタリアンジェラートの銘店『パンチェーラ新宿高島屋』と共同開発したコーヒージェラートをベースに作られた「珈琲屋のジェラートパフェ」はジェラートとコーヒーミルクプリン、コーヒーゼリーが織りなす苦味と甘味のハーモニーが楽しめます。

 

珈琲屋のジェラートパフェ

 

大正ロマンを感じられる店内で、おいしい珈琲とスイーツをいただきながらで涼んでみてはいかがでしょうか。

※「珈琲ぜんざい」は但馬屋珈琲店本店、「珈琲屋のジェラートパフェ」は但馬屋珈琲店小田急店でのご提供です。

 

・珈琲ぜんざい 880円(セットなし)(税込)

・珈琲屋のジェラートパフェ 1,030円 / セット1,600円(税込)

 

【提供期間】通年
【テイクアウト】なし

 

但馬屋珈琲店

 

● 本店

住所:新宿区西新宿1-2-6

電話番号:03-3342-0881

営業時間:10:00~23:00(LO 22:30)

 定休日:1月1日

  

●小田急店

住所:新宿区西新宿1-1-3 小田急百貨店本館7階

電話番号:03-5323-2370

営業時間:百貨店営業時間に準ずる

 定休日:百貨店営業時間に準ずる

 

新宿 追分だんご本舗 喫茶室

■かき氷 クリームいちご 

■かき氷 宇治金時

 

「新宿 追分だんご本舗」の喫茶室は、しんじゅく逸品にも選ばれている、みたらし・こしあん・よもぎなどの「追分だんご」はもちろんのこと、夏にはかき氷もいただける人気の甘味処です。

 

完熟いちごの果肉を残した、とろみのあるいちごソースの爽やかな甘みと、濃厚なバニラアイスがよく合うかき氷「クリームいちご」や、香り高いお抹茶と追分伝統の匠が仕上げた甘さ控えめのぜんざい餡を使用した、宇治とぜんざい餡のふたつの味をお楽しみいただける「宇治金時」などの定番のかき氷も人気ですが、和栗やあんずのかき氷など、他ではなかなかいただけない珍しいかき氷もあり、メニューが豊富です♪

 

クリームいちご

 

宇治金時

 

喫茶室の入口には、かつて新宿追分の地で行われていただんご作りの様子が描かれた鎌倉彫の彫刻が飾ってあります。

新宿の歴史を感じながら、おいしいおだんごやかき氷をいただいてみてはいかがでしょうか。

 

・クリームいちご 1,430円(税込)

・宇治金時 1,430円(税込)

 

【提供期間】~8月31日(水)予定

      ※提供期間、提供メニューにについては変更の場合がございます。
【テイクアウト】なし

 

 

新宿 追分だんご本舗 

  住所:新宿区新宿3丁目1-22

電話番号:03-3351-0101

営業時間:喫茶室 平日12:00~18:00(LO 17:30)/土日祝日11:30~18:00(LO 17:30)

               販売 11:00~18:00

 定休日:1月1日・2日・3日  

 

タカノフルーツパーラー 新宿本店

■フルーツパフェ

 

JR新宿駅東口徒歩1分のフルーツ専門店【新宿高野】直営のフルーツパーラー「タカノフルーツパーラー」は、「フルーツが最もおいしく味わえる仕立て」にこだわり、フルーツパフェなどの定番商品の他、季節ごとのフルーツをテーマにパフェ、デザート、ワッフルなどをいただくことが出来る新宿と言えばの人気のお店です。

定番メニュー「フルーツパフェ」は一度に12種類のフルーツを味わえる、フルーツ専門店を代表するパフェです。
自社製のシャーベット2種類とバニラアイスもグラスに盛り込み、グラスの底にはさっぱりとしたコアントローゼリーをしのばせています。

※写真はイメージです

 

その他にも旬のフルーツを使用した期間限定のデザートも豊富ですので、ぜひお店のホームページもチェックしてみてください♪

 

・フルーツパフェ 1,650円(税込)

 ※フルーツとシャーベットは変更する場合がございます。スタッフにお尋ねください。

 

【提供期間】通年
【テイクアウト】なし

  

タカノフルーツパーラー 新宿本店

  住所:新宿区新宿3-26-11 5F

電話番号:03-5368-5147

営業時間:11:00〜20:00(LO 19:30)

 休業日:9月12日(月) 

 

神楽坂 茶寮 本店

■saryo パフェ

■生麩と白玉のクリームあんみつ

 

2022年3月、神楽坂通り商店街、本多横丁近くのかくれんぼ横丁に繋がる通りの一角に移転オープンした「神楽坂 茶寮 本店」。

神楽坂を訪れる多くの人々から、お抹茶や和スイーツを楽しめる憩いの場として愛されている隠れ家的な和カフェです。

そんな「神楽坂 茶寮 本店」の魅力は、なんといっても独創的で美しい和スイーツの数々です。

庭園をイメージした飾り付けが美しい「saryo パフェ」は、何層にも重なった抹茶アイス、抹茶ゼリー、抹茶プリンの抹茶づくしのパフェに、サクサク食感のパフやもちもちの白玉が加わった、見た目も食感も楽しめる人気パフェです。

 

saryo パフェ

 

また、もちもち食感の寒天、よもぎ生麩、低糖あんこ、白玉、こだわりの抹茶アイスにコクのある黒蜜をかけていただく、人気定番商品のひとつ「生麩と白玉のクリームあんみつ」は、甘さ控えめで暑い夏でもさっぱりといただくことができます。

 

生麩と白玉のクリームあんみつ

 

 

 

・saryoパフェ 日本のお茶セット 1,540円(税込)/お抹茶または玉露セット 1,650円(税込)

・生麩と白玉のクリームあんみつ 日本のお茶セット 1,320円(税込)/お抹茶または玉露セット 1,430円(税込)

 

 

【提供期間】通年
【テイクアウト】なし

 

 

神楽坂 茶寮 本店

  住所:新宿区神楽坂3-1

電話番号:03-3266-0880

営業時間:11:30~23:00

 

あかぎカフェ

 

■特製御神酒ジェラート 

 

神楽坂の牛込総鎮守 赤城神社の境内にある「あかぎカフェ」。

ガラス張りの店内から、建築家 隈研吾氏が設計したシモダンな雰囲気と和の古い様式を取り入れた社殿を眺めることが出来る開放感たっぷりのカフェです。

 

こちらではドリンクをはじめ様々なスイーツをいただくことができますが、今回ご紹介するのが、あかぎカフェオリジナル和スイーツ「特製御神酒ジェラート」です。

神社でお供えしたお神酒で作られる自家製の「特製御神酒ジェラート」は、すっきりしたとした味わいの中に甘みがあり、ほのかに日本酒の香りも感じられる、他ではあまり見られない珍しいジェラートです。

おいしいだけではなく、ご利益もありそうな「特製御神酒ジェラート」。神様へのお参りの後や神楽坂散策の際に、ぜひお試しください♪

あかぎカフェには本格イタリア料理のシェフが腕によりをかけた日替わりのパスタなどのフードメニューもありますので、食後のデザートとしていただくのもおすすめです。

 

・特製御神酒ジェラート 450円(税込)/ドリンク付き 700円(税込)

 

 

【提供期間】通年
【テイクアウト】なし

 

 

あかぎカフェ

  住所:赤城元町1-10赤城神社内

電話番号:03-3235-6067

営業時間:こちらからご確認ください

 定休日:毎週火曜日、第2月曜日

 

 

 

一般社団法人新宿観光振興協会
© Shinjuku Convention & Visitors Bureau

PageTop