プレミアムニュース

2021.03.11
リーガロイヤルホテル東京

世界を旅するアフタヌーンティー第1弾

リーガロイヤルホテル東京は、世界を旅するアフタヌーンティー第1弾として、「和のアフタヌーンティー」を2021年3月1日(月)~4月30日(金)まで「ガーデンラウンジ」で開催します。

※写真は2名様分のイメージです。

 

詳しくはコチラ→公式サイト

世界を旅するアフタヌーンティー第1弾「和のアフタヌーンティー」

海外旅行が難しい今、食で世界を巡っていただきたいとの想いを込め、季節ごとに各国のスイーツや軽食を盛り合わせた“世界を旅するアフタヌーンティー”を、2021年12月まで販売します。

第1弾のテーマは日本です。春をイメージしたピンクと、新緑のグリーンを基調に、彩り豊かなスイーツとセイボリー、ドリンクを楽しめます。
宇治茶の主産地である京都府和束町の香り高い抹茶を使用したサブレやマカロンのほか、富士山を模ったムースや柚子のタルト、胡麻とニッキのスコーンなど、和の食材を取り入れたスイーツを揃えました。
セイボリーにはかわいらしい洋風手毬寿司や東京産野菜を使用したサラダなど、和洋折衷のメニューを楽しめます。ドリンクにも春を感じる桜のノンアルコールカクテルを用意します。

CHANDON・苺・ライチのムース

【京都和束の宇治茶とは】
京都府相楽郡和束町(わづかちょう)は、京都府の南端近くにあり、町の中心に和束川が流れている。標高300m程度の山間部にお茶畑が広がり、①昼夜間の温度差が大きい、②霧が立ち込めやすい、③水はけがよく養分を溜める土壌 など、おいしい茶葉生育のために非常に適した環境が整っている。
そのため和束町は鎌倉時代から宇治茶生産の中心地で、現在では京都府における栽培量・面積ともに上位を誇る宇治茶の生産地。「京都・和束の煎茶」といえば、その味・香りの良さに一目置くほどの名品として知られている。
2008年1月24日、和束町の山背に広がる茶畑の景観が、京都府景観資産登録制度において、真価性・共有性・共働性・創造性が認められ、第1号として登録。
さらに、2013年10月には「日本で最も美しい村」連合に加盟。2015年4月、文化庁の日本遺産「日本茶800年の歴史散歩」に、京都府南部の8市町村のひとつとして認定。


・参考URL: 和束町HP http://www.town.wazuka.kyoto.jp/

期間

2021年3月1日(月)~4月30日(金)

時間

14:00~18:00 ※2時間制

料金

4,840円(税金・サービス料を含む)

場所

「ガーデンラウンジ」 営業時間11:00~20:00(ディナーセットL.O. 19:00、ドリンクL.O. 19:30)

内容

<スイーツ>
・和束抹茶とショコラのサブレ
・和束抹茶のマカロン
・CHANDON・苺・ライチのムース
・わらび餅
・柚子のタルト
・ハートの最中
・スコーン(胡麻&ニッキ、プレーン)

 こし餡、クロテッドクリーム、蜂蜜

<セイボリー>
・東京産野菜と大豆シートのサラダブーケ
・真鯛のマリネと生ハムの洋風手毬寿司
・海老と帆立の味噌風味グラタン 桜海老添え
・豚しゃぶ水菜ロール 胡麻ソース

<お飲み物>
・ノンアルコールカクテルSAKURAスプリッツァー
(おひとり様1杯)
・紅茶またはコーヒー

※メニュー内容は食材の入荷状況等により変更する場合があります。
※お土産として和束茶のティーパックをプレゼント(数に限りがあります)

※数量限定のため、ご予約をおすすめいたします。ご予約は前日の15:00までとさせていただきます。

◆「アフタヌーンティーCHANDONセット」5,808円 2021年7月30日(金)まで
アフタヌーンティーとスパークリングワイン「CHANDON」ワングラスのセット。

4つスタンプを集めるとシークレットアフタヌーンティーをプレゼントするスタンプラリーに参加できます。

お問合せ

リーガロイヤルホテル東京

TEL: 03-5285-1121(代表)

 

【関連ページ】

前のページに戻る
一般社団法人新宿観光振興協会
© Shinjuku Convention & Visitors Bureau

PageTop